阿弥陀堂/鋳造阿弥陀如来立像に会いに行く。・・・・の巻3

2014年6月8日 妙福山明音院佐竹寺=茨城県常陸太田市天神林町2404

去年・2014年午年は、観音様の御開帳が多い年でした。
関東でいうと ≪坂東33観音霊場≫や≪秩父34観音霊場≫も御開帳でした。
私の巡った小さな地方霊場は、期日が決められ 一斉に開帳されますので
3日か4日をかければ何とか霊場制覇ができます。
≪秩父34観音霊場≫も有名ですが 地方霊場ですし 開帳期間も統一され
ていますから なんとかなります。
が、≪坂東33観音霊場≫は、地域が関東7県と広いですし 開帳期間も短い
ので 観音様を観るのは難しいです。
(お堂に手を合わせて済む人は いつでもいいですが・・・)
≪坂東33観音霊場≫には、もう一つ 絶望的な難題があります。
それは、絶対秘仏です。 つまり、開帳なんてしませんから。という寺です。
13番札所・浅草寺や27番札所・ 円福寺がそれです。
そのほかに、60年に1度の御開帳などという寺もありますから 観音様を
拝むのは不可能です。
22番札所・≪妙福山明音院佐竹寺≫も絶対秘仏の寺です。
従って、寄っても無駄だよなあ。とは思うのですが せっかく 常陸太田市に
来たのですから どんな午年風景か見てみるか。とな感じで来たのです。

でも、普段とな~んも変わりません。 午年なんて関係ねえ。てな感じです。
仁王門です。
画像
仁王様です。
画像

本堂です。
画像

絶対秘仏の厨子を見ると 「中が空だったりして・・」などと思ったりします。
特に、佐竹寺は佐竹氏の氏寺ですから 水戸藩の中で微妙な立場だったで
しょう。 その肩身の狭さと絶対秘仏は対になっているかも・・・・
などと・・想像が膨らむ≪佐竹寺≫ではあります。

続く

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック