「秩父札所34ヶ所観音霊場」・・・の巻65

「秩父札所34ヶ所観音霊場」第30番  瑞龍山法雲寺=埼玉県秩父市荒川白久432 法雲寺観音堂です。 2008年の中開帳の時の観音堂です。 と言っても 角塔婆を観て欲しいのです。 角塔婆の上に笠が置かれています。 私はこんな角塔婆を初めて見ました。 趣ありますよねえ! 観音堂の中には 如意輪観音他沢山の観音様が 置かれ…
コメント:0

続きを読むread more

「秩父札所34ヶ所観音霊場」・・・の巻64

「秩父札所34ヶ所観音霊場」第30番  瑞龍山法雲寺=埼玉県秩父市荒川白久432 法雲寺は、臨済宗です。 開山が、鎌倉・建長寺の19世/道陰物恵禅師とさ れているのです。 この道雲禅師は、中国渡来の僧といわれています。 ですから 法雲寺には中国絡みお話がたくさんある のです。 法雲寺のご本尊は、如意輪観音坐像なのです…
コメント:0

続きを読むread more

「秩父札所34ヶ所観音霊場」・・・の巻63

「秩父札所34ヶ所観音霊場」第29番  笹戸山長泉院=埼玉県秩父市荒川上田野557 開帳時には当然 観音様を拝む事はできます。 長泉院では 御本尊の写真を飾って在り いつ でも お顔は観る事が出来るのです。 良いお顔ですねえ! 長泉院は、曹洞宗です。 お堂がもう一つあります。 秋葉堂です。秋葉大権現が祀られております…
コメント:0

続きを読むread more

「秩父札所34ヶ所観音霊場」・・・の巻62

「秩父札所34ヶ所観音霊場」第29番  笹戸山長泉院=埼玉県秩父市荒川上田野557 長泉院観音堂です。 観音堂は、石札堂(せきさつどう)とも呼ばれ る様です。 石札堂のいわれは、「秩父札所を開創した性空上 人ら十三権者が、秩父巡礼をした際に、石札を 長泉院に納めたとされているからです。」 「石札定置巡礼」と彫られた石札(…
コメント:0

続きを読むread more

「秩父札所34ヶ所観音霊場」・・・の巻61

「秩父札所34ヶ所観音霊場」第29番  笹戸山長泉院=埼玉県秩父市荒川上田野557 長泉院は、飛沼(とぬま)太郎右衛門の開基だそう です。(飛沼太郎右衛門って誰?) 990年(正暦元年)の創建です。 無住時代が続き 1833年(天保4年)現在の地に移 し、今日の本堂が建てられたのです。 ご本尊は、像高55cmの聖観音立像で…
コメント:0

続きを読むread more

「秩父札所34ヶ所観音霊場」・・・の巻60

「秩父札所34ヶ所観音霊場」第28番  石龍山橋立堂=埼玉県秩父市上影森675 橋立堂は、岩壁の下の観音堂です。 ご本尊は、馬頭観音坐像です。 鎌倉時代の作だそうです。 馬頭観音を札所観音にしているのは 秩父札所では 橋立堂だけです。 昔 縁日の際は 馬を連れた参詣者で賑わったそう です。 今は ペット供養でしょう…
コメント:0

続きを読むread more

「秩父札所34ヶ所観音霊場」・・・の巻59

「秩父札所34ヶ所観音霊場」第27番  竜河山大淵寺=埼玉県秩父市上影森411 大淵寺観音堂です。 こんな写真しかありませぬ。 2003年に撮ったものです。 その後 2008年のご開帳時に2度行っている のですが 観音堂は撮っていません。 なんとも・・・ 2003年の観音堂の内陣です。 お前立観音の後ろにあるのが 御本…
コメント:0

続きを読むread more

「秩父札所34ヶ所観音霊場」・・・の巻58

「秩父札所34ヶ所観音霊場」第27番  竜河山大淵寺=埼玉県秩父市上影森411 護国観音だそうです。 白衣観音です。 昭和10年に建立されたものだそうです。 時代を反映して蓮華でなく剣を持っています。 剣を持つので「護国」なのでしょう。 何故か 悲しい顔に見えてしまいます。 観音様にさえ剣を持たせる時代が再び来なけ …
コメント:0

続きを読むread more

「秩父札所34ヶ所観音霊場」・・・の巻57

「秩父札所34ヶ所観音霊場」第27番  竜河山大淵寺=埼玉県秩父市上影森411 大淵寺の門です。 こんな由緒があります。 旅の僧/宝明が、ここに草庵をむすんでいると 、足の病に罹ってしまいました。 当地を訪れた弘法大師が不憫に思い、自刻の観音 像を僧宝明に与えたところ 病が癒えたそうです。 僧宝明はこの像を本尊として当寺…
コメント:0

続きを読むread more

「秩父札所34ヶ所観音霊場」・・・の巻56

秩父札所34ヶ所観音霊場」第26番  萬松山圓融寺=埼玉県秩父市下影森348 圓融寺のご開帳は、今は 本堂で行われます。 圓融寺には県指定文化財の「景清のろう破り」 の絵馬があります。 が、私は見ていませぬ。 この絵馬は、1764年(明和元年)護国寺で行われ た「秩父札所の総出開帳」の時に奉納されたもので 鳥山石燕(…
コメント:0

続きを読むread more

「秩父札所34ヶ所観音霊場」・・・の巻55

秩父札所34ヶ所観音霊場」第26番  萬松山圓融寺=埼玉県秩父市下影森348 圓融寺本堂です。 圓融寺は臨済宗です。 この本堂から 30分ほど山の階段を登ると 岩井堂があります。 圓融寺の奥の院となっています。 この懸造りのお堂は 岩にはめ込まれるように できていて 勇壮なお堂です。 岩井堂内陣です。 今は ここには…
コメント:0

続きを読むread more

「秩父札所34ヶ所観音霊場」・・・の巻54

秩父札所34ヶ所観音霊場」第25番  岩谷山久昌寺=埼玉県秩父市久那2215 久昌寺本堂です。 本堂は開いておりませぬ。 従って 御本尊は解りません。 久昌寺は曹洞宗です。 久昌寺の観音堂です。 こちらは開いておりました。 普段は、厨子が見えるだけですが・・・ ご開帳の時は、聖観世音菩薩立像が見れます。 久昌寺にはも…
コメント:0

続きを読むread more

「秩父札所34ヶ所観音霊場」・・・の巻53

秩父札所34ヶ所観音霊場」第25番  岩谷山久昌寺=埼玉県秩父市久那2215 久昌寺の仁王門です。 仁王様です。 仁王門の扁額が見えるでしょうか? 「御手判寺」と書いてあります。 書写山圓教寺を開いた性空上人が、秩父札所を 巡った時 夢で閻魔大王に会います。 冥土の閻魔大王の前で経典十万部を読み、その 御礼として「…
コメント:0

続きを読むread more

「秩父札所34ヶ所観音霊場」・・・の巻52

「秩父札所34ヶ所観音霊場」第24番  光智山法泉寺=埼玉県秩父市別所1586 法泉寺の本堂/観音堂です。 法泉寺の観音堂の中は、仏像でいっぱいです。 可愛らしい仁王像もあります。 仁王門が無いので 観音堂に居るのでしょう。 観音堂には こんな大数珠が飾られております。 毎年4月18日には、輪になった人々が念仏を唱えつつ …
コメント:0

続きを読むread more

「秩父札所34ヶ所観音霊場」・・・の巻51

「秩父札所34ヶ所観音霊場」第24番  光智山法泉寺=埼玉県秩父市別所1586 縁起です。 これによると 開山は、「越の大徳」こと泰澄 です。 「毘盧遮那仏の仏勅によって加賀の「白山の神」 をこの地に勧請し、観音像を安置した。」となっ ています。 その観音像も「天照大御神の作」です。 神仏習合によると 大日如来=天照大…
コメント:0

続きを読むread more

「秩父札所34ヶ所観音霊場」・・・の巻50

「秩父札所34ヶ所観音霊場」第23番  松風山音楽寺=埼玉県秩父市寺尾3773 音楽寺の梵鐘は、市の文化財に指定されています。 この梵鐘は、1768年(明和5年)に鋳造されたも ので 六観音像が浮彫りされております。 秩父事件の際は 連打され民衆を励ましたのです。 などと書いてみたのですが 肝心の梵鐘の写真を 撮ってい…
コメント:0

続きを読むread more

「秩父札所34ヶ所観音霊場」・・・の巻49

「秩父札所34ヶ所観音霊場」第23番  松風山音楽寺=埼玉県秩父市寺尾3773 音楽寺とは いい寺号ですねえ! 音楽寺の名の由来は、「秩父札所を開創した十三人 権者が この山の松風の音をきいた時、菩薩の奏で る音楽と感じた」からだそうです。 2008年の開帳時の本堂です。 本堂の幕の柄が松なのもその所為でしょう。 山号も…
コメント:0

続きを読むread more

「秩父札所34ヶ所観音霊場」・・・の巻48

「秩父札所34ヶ所観音霊場」第22番  華台山童子堂=埼玉県秩父市寺尾3595 童子堂の由来は、 「疱疽(天然痘)が流行したおり、この観音様 を祀って祈念し、岩の間より生ずる清水をつけ た処 病いが消え失せ それ以来 子供たちを 病魔から救う観音として童子堂と呼ばれるよう になった。」のだそうです。 ご本尊は、聖観世音菩…
コメント:0

続きを読むread more

「秩父札所34ヶ所観音霊場」・・・の巻47

「秩父札所34ヶ所観音霊場」第22番  華台山童子堂=埼玉県秩父市寺尾3595 童子堂とは おかしな名のお堂です。 縁起です。 これを読んでも 童子堂の名の由来は解り ませぬ。この縁起もよくは解らない。 仁王門です。 観音堂が一つあるだけの境内には 立派な仁王 門です。 中の仁王も・・・面白い。 この可愛らしい仁王様…
コメント:0

続きを読むread more

「秩父札所34ヶ所観音霊場」・・・の巻46

「秩父札所34ヶ所観音霊場」第21番  要光山観音寺=埼玉県秩父市寺尾2354 観音寺のご開帳時の観音堂です。 角塔婆が建つくらいで さして変わらない。 実は 御本尊も遠く小さく 堂内も暗いので よく 見えませぬ。 本尊は、像高30㎝の聖観世音菩薩立像です。 この御本尊は、火事の際も火難を逃れたので、 「火除けの観音様」…
コメント:0

続きを読むread more

「秩父札所34ヶ所観音霊場」・・・の巻45

「秩父札所34ヶ所観音霊場」第21番  要光山観音寺=埼玉県秩父市寺尾2354 観音堂です。 「二十一番」という立派な扁額があります。 この観音堂は「矢之堂」又は「矢納堂」と呼ば れている様です。 「場所が矢納だった。」とか「矢を納めたから」 などと色々説がある様です。 納めた人物も「日本武尊」とか「平将門」とか です…
コメント:0

続きを読むread more

「秩父札所34ヶ所観音霊場」・・・の巻43

「秩父札所34ヶ所観音霊場」第20番  法王山岩之上堂=埼玉県秩父市寺尾2169 「法王山」という大層な山号が付いております。 開基が白河法皇と言う事に成っているからです。 昔は 願上寺という字で 大伽藍があったそう です。 戦国時代の兵乱でお堂は灰燼に帰したそうです。 その後 当村を支配していた内田氏の氏堂として 存続…
コメント:0

続きを読むread more

「秩父札所34ヶ所観音霊場」・・・の巻42

秩父札所34ヶ所観音霊場」第19番  飛渕山龍石寺=埼玉県秩父市大畑町15-31 龍石寺のご本尊は、千手観世音菩薩坐像です。 子育て観音の提灯がありますから 子育てに 霊験があるのでしょう。 龍石寺は曹洞宗です。 境内には 三途婆堂が在ります。 いわゆる 奪衣婆の事でしょう。 奪衣婆がメインのお堂は珍しいです。 …
コメント:0

続きを読むread more

「秩父札所34ヶ所観音霊場」・・・の巻41

秩父札所34ヶ所観音霊場」第19番  飛渕山龍石寺=埼玉県秩父市大畑町15-31 龍石寺の寺号の源は、大きな岩盤です。 この寺自体が大きな岩盤の上に立っているのです。 岩盤自体が大きく 龍の様だったのでしょう。 「旱魃の際には岩盤を割って出た龍が出現し 雨 を降り注いだ。」と言う縁起もそこから生まれた のでしょう。 本堂…
コメント:0

続きを読むread more

「秩父札所34ヶ所観音霊場」・・・の巻40

秩父札所34ヶ所観音霊場」第18番  白道山神門寺=埼玉県秩父市下宮地町5-15 神門寺(ごうどじ)の2003年の本堂です。 本堂も開いてます。 そして ここにもたくさんの仏像が置かれており ます。 もちろん 真ん中には聖観音立像のお前立尊です。 2008年の中開帳の本堂です。 角塔婆が建つだけで ちと寂しい・・・ ご…
コメント:0

続きを読むread more

「秩父札所34ヶ所観音霊場」・・・の巻39

秩父札所34ヶ所観音霊場」第18番  白道山神門寺=埼玉県秩父市下宮地町5-15 神門寺は、「ごうどじ」と読みます。 元々 修験道の寺で「神門山長生院」といい 今宮坊に属していました。 先ずは不動堂です。 もう一つ、蓮華堂です。 どちらも開いていて 沢山の仏像に会う事が出来ます。 境内にも地蔵が居ります。 つづく …
コメント:0

続きを読むread more

「秩父札所34ヶ所観音霊場」・・・の巻38

秩父札所34ヶ所観音霊場」第17番  実正山定林寺=埼玉県秩父市桜木町21-3 定林寺の本堂です。 本堂の彫り物も良いですよ。 ご本尊は、十一面観音立像です。 定林寺には、西国・坂東・秩父100観音の観音 像を彫ったと言われる梵鐘があります。 1758年(宝暦8年)制作だそうです。 県の重文に指定されております。 …
コメント:0

続きを読むread more

「秩父札所34ヶ所観音霊場」・・・の巻37

秩父札所34ヶ所観音霊場」第17番  実正山定林寺=埼玉県秩父市桜木町21-3 定林寺のご詠歌は、「あらましを 思い定めし  林寺 かねききあへづ ゆめぞさめける」です。 つまり 「林寺」と呼ばれる林家の氏寺でした。 壬生良門が、家臣林太郎定元の菩提を弔う為に 建てたとされます。 と言っても 「壬生良門」自体詳らかではあり…
コメント:0

続きを読むread more

「秩父札所34ヶ所観音霊場」・・・の巻36

秩父札所34ヶ所観音霊場」第16番  無量山西光寺=埼玉県秩父市中村町4−8−21 普段の西光寺本堂です。 開帳時はこうなります。 どちらも 大きく開堂されていて 気持ちがいい です。 欄間も素晴らしいです。 札所観音は、千手観音立像です。 つづく にほんブログ村 にほんブログ村
コメント:0

続きを読むread more

「秩父札所34ヶ所観音霊場」・・・の巻35

秩父札所34ヶ所観音霊場」第16番  無量山西光寺=埼玉県秩父市中村町4−8−21 西光寺の境内には 面白いお堂が在ります。 中におはすは、酒樽大黒と申します。 酒樽を台座にしているという意味でしょう。 お酒の好きな大黒様と言う事でしょうか? 酒飲みに福徳を与える大黒天という意味もある のでしょう。 境内には もう一つ観…
コメント:0

続きを読むread more