三浦33観音霊場 ・・・33 20番 七重山浄林寺

 三浦33観音霊場 20番札所 七重山浄林寺
   =神奈川県横須賀市馬堀町4-14-1
浄林寺の札所観音は、馬頭観音です。
それには一頭の名馬が絡んでいるのです。

浄林寺から200メ-トル離れた処に「蹄の井」という
井戸があります。
この井戸が 住所の馬堀町の由来になります。
源頼朝の時代 一頭の暴れ馬が、安房国(千葉県)
から対岸の相模国まで泳ぎ着いたのです。
この辺り原台の森に棲み着きますが 井戸があり
ません。
この暴れ馬が蹄で地面を掘ると水が湧きます。
(これが「蹄の井」です。)
近隣の者は馬に感謝し 「美女鹿毛」と呼びまし
た。
その駿馬ぶりの噂は広まり 領主/三浦義澄は、美
女鹿毛を捕らえ 源頼朝に献上したのです。
これが名馬/生唼(いきづき)です。
名馬/生唼は、「宇治川の合戦」で一番乗りの手柄
を立てることになります。
名馬/生唼が、浦賀水道を泳ぎ渡れたのは 馬頭観
音のご加護が在ったからなのです。
つづく

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ
にほんブログ村

にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント