坂東33観音札所・・・の巻67

 坂東33観音札所 25番札所 筑波山大御堂
          =茨城県つくば市筑波748
筑波山大御堂の前身「筑波山知足院中禅寺」の前
は、「筑波山寺」と言ったらしいです。
延暦年間(782年 - 806年)に徳一大師によって造
られました。
徳一大師は、筑波山周辺に「薬王院」はじめとし
沢山の寺を造っています。
「筑波山寺」はその中心だったと思われます。
徳一大師は、その後 会津に向かいます。
私は徳一大師、好きですねえ!
大御堂は、真言宗です。
ご本尊は、千手観世音菩薩。
2014年/午年にご開帳がありました。2014年1月25日 つくば市 筑波山大御堂 本堂.JPG
私は1月25日に見に行きました。
ま、暗くて良く見えず、坐像なのか立像なのかも
分からなかったです。
ただ、何本かの手が見え 千手観音らしいとは
思いました。
廃仏毀釈によって中禅寺は廃寺となり 堂塔は破
壊され、法具も散逸したと言いますが この御本
尊だけは信者によって手厚く護られたのです。
2014年の時 大師堂だけが新しく出来ていました。2014年1月25日 つくば市 筑波山大御堂 大師堂.JPG
が、この大師は 弘法大師ですが・・・

つづく

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ
にほんブログ村

にほんブログ村

"坂東33観音札所・・・の巻67" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント