坂東33観音札所・・・の巻66

 坂東33観音札所 25番札所 筑波山大御堂
          =茨城県つくば市筑波748
私が、筑波山大御堂を訪れたのは2014年1月です。
午年で 御本尊の御開帳があったのです。
それ以来 大御堂には行っていません。
これを書くのに ネットで調べていると 今年/
2020年2月に新本堂が完成したとありました。
コロナ騒ぎで気が付かなかった・・・
と言う事で これから書くことは旧聞と言う事で
・・・・
初めて大御堂を訪れたのは、2006年でした。
「大御堂」ですから どんなに大きいのだろうと
思っていたら 小さくて驚きました。
が、調べると 同情を禁じ得ないと思いました。
江戸時代は、「筑波山知足院中禅寺」という神仏
習合の大寺院でした。
つまり 筑波山神社と寺が一体とした「山岳修行
の寺」だったのです。
1871年(明治5年)の神仏分離令により 諸堂の
殆どは筑波神社になり 中禅寺は廃寺に成ったの
です。
ご本尊の千手観音のみが残ったのです。
その後 1930年に再興されたのが大御堂なのです。
つまり 「筑波山中禅寺」を再興したいという願
いが 大御堂という名に込められているのです。
2006年の本堂の写真です。06年04月17日 つくば市 筑波山 中禅寺 大御堂(坂東25番札所) 本堂.JPG
つづく

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ
にほんブログ村

にほんブログ村

"坂東33観音札所・・・の巻66" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント