准秩父34札所観音霊場・・・27 20番 瑞龍山宗三寺

准秩父34札所観音霊場 
   20番札所 瑞龍山宗三寺
 =神奈川県 川崎市川崎区砂子1一4ー3
宗三寺の創建は、不詳です。
が、鎌倉時代には在って「勝福寺」と言われて
いた様です。
その後 衰退しますが 戦国時代に小田原北条
氏の家人/間宮豊前守信盛が中興します。
中興開山は、末吉村の寶泉寺の第4世/自山純應
和尚です。
「間宮信盛」の法名「瑞龍院雲谷宗三」から山
号と寺号をつけ 瑞龍山宗三寺としたのです。14年4月28日 川崎市川崎区 20番札所 宗三寺 説明板.JPG
本堂です。14年4月28日 川崎市川崎区 20番札所 宗三寺 本堂.JPG
宗三寺は曹洞宗です。
ご本尊は、釈迦如来像。厨子が閉まって居て
お目に掛れず。
札所観音は、如意輪観音坐像。
こちらも遠く よくは見えませぬ。

つづく

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ
にほんブログ村

にほんブログ村

"准秩父34札所観音霊場・・・27 20番 瑞龍山宗三寺" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント