テーマ:七福神

古河市に行く。・・・の巻

2020年1月4日 古河市 ほんの思い付きで 古河に行きました。 七福神があるというので・・・ 七福神は仏像か?という問題もありますが、そうそ う御開帳がある訳もなく・・・ 私も 毎年七福神巡りをしてますから 茨城県 まで来ないと 新七福神に会えないのです。 巡った寺と時間は下記の如し。  古河七福神/毘沙門…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深川七福神・・・の巻8

2019年1月11日 富岡八幡宮/恵比寿天                        =東京都江東区富岡1-20-3 富岡八幡宮/恵比寿天http://www.tomiokahachimangu.or.jp/ 富岡八幡宮には、上の様なホ-ムペ-ジがあります。 由緒等はそちらで・・・・ 境内には17もの末社が在るそうです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深川七福神・・・の巻7

2019年1月11日冬木弁天堂/弁財天=東京都江東区冬木22-31 宝珠山冬木弁天堂/弁財天 入口です。 「宝珠山」という山号が在りますから お寺の様です。 小さな小さな観音堂も在ります。 祀られていたのは「慈眼観音」です。 冬木弁天堂です。 冬木弁天堂は、1706年(宝永2年)木場の材木豪商/冬木弥平次が 邸内の大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深川七福神・・・の巻6

2019年1月11日  雙修山心行寺/福禄寿尊                  =東京都江東区深川2-16-7 雙修山心行寺/福禄寿尊http://www.shingyoji.or.jp/ 門です。心行寺は浄土宗です。 福禄寿堂です。小さな社の様なお堂です。 その側には 石造の福禄寿も置かれております。 福禄寿堂に祀られて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深川七福神・・・の巻3

2019年1月11日 深川稲荷神社/布袋=東京都江東区清澄2-12 深川稲荷神社/布袋 あまり検討せずに来てしまいました。 「深川七福神」は神社が多いのです。 布袋は禅宗の僧侶ですから 寺で祀っていて欲しかった・・・・ 小さな社の稲荷神社でございます。 何故 ここに布袋尊を祀るようになったのかは不明です。 つづく …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深川七福神・・・の巻2

2019年1月11日 深川神明宮/寿老人=東京都江東区森下1-3-17 深川神明宮/寿老人http://www.fukagawa-shinmei.com/ 深川神明宮には 上の様なホ-ムペ-ジも在ります。 入口です。「深川発祥の地」という文字が見えますでしょうか? 徳川家康が江戸に入って間もなく 1596年(慶長元年) 家康…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深川七福神・・・の巻1

2019年1月11日 深川七福神 要は 調子に乗ったのです。 東京でも 七福神巡りの寺は 仏像が見れるかもしれない。という 事に気が付いたのです。 1月10日を過ぎても 七福神巡りをしている処を探してみたのです。 それが 深川七福神だったのです。 深川は寺が多く 七福神以外の寺も巡りました。 七福神以外の寺は別に書きま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小石川七福神・・・の巻14

2019年1月6日 ジオポリス屋上  =東京都文京区後楽1丁目 ジオポリス屋上 福禄寿 よくは解っていないのですが・・・・ ジオポリスとは、東京ド-ムの外側らしいです。 そこに ちょこんと福禄寿がいらっしゃいました。 何故こんな処に福禄寿が?とも思うのですが 解説は見当たら ず・・・。 ま、これで≪小石川七福神≫の満願…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小石川七福神・・・の巻13

2019年1月6日 常光山源覚寺=東京都文京区小石川2-23-14 常光山源覚寺 毘沙門天https://www.genkakuji.or.jp/intro.html#top 源覚寺は、都会の狭い寺ですが 狭い境内を工夫して 面白い 境内になっています。 鐘楼です。めでた気でしょう? 塩地蔵もいらっしゃいます。 塩地蔵…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小石川七福神・・・の巻12

2019年1月6日 常光山源覚寺=東京都文京区小石川2-23-14 常光山源覚寺 毘沙門天https://www.genkakuji.or.jp/intro.html#top 閻魔堂です。 今までは、閻魔様をみて 帰っていたのです。 あれ?本堂ご本尊は?どなた?と思ったのです。 本堂は、閻魔堂の隣りのビルでした。本堂の戸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小石川七福神・・・の巻11

2019年1月6日 常光山源覚寺=東京都文京区小石川2-23-14 常光山源覚寺 毘沙門天https://www.genkakuji.or.jp/intro.html#top 源覚寺は、大変 有名な寺です。 私も3度目か4度目です。 が、毘沙門天で有名なのではありません。 閻魔様で有名なのです。その名も「こんにゃく閻魔」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小石川七福神・・・の巻10

2019年1月6日 霊應山鎮護寺福聚院                     =東京都文京区小石川3-2-23 霊應山鎮護寺福聚院 大黒天 福聚院の本堂です。 実は 福聚院は伝通院から30メ-トルも離れていません。 江戸時代は、伝通院の末院だったのです。 という事で 浄土宗です。 浄土宗でご本尊が、「大黒天」というの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小石川七福神・・・の巻9

2019年1月6日 霊應山鎮護寺福聚院                     =東京都文京区小石川3-2-23 霊應山鎮護寺福聚院 大黒天 (まったくの私個人の感想ですが)どこの七福神でも 大した像は ありません。 私がこうやって≪七福神≫巡りをしているのも 本堂が開いている 確率が高く 本堂の諸仏が見れるかもしれないから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小石川七福神・・・の巻8

2019年1月6日 無量山真珠院 =東京都文京区小石川3-7-4 無量山全忠寺真珠院 布袋尊 真珠院の本堂裏には、池も在ります。鯉まで泳いでいます。 そんな中に ありました、布袋像。  真珠院は浄土宗です。立て続けに禅宗以外の寺で祀られる布袋像を 見ている気がします。 由緒書きです。 沼津藩主となった水野家の菩提寺です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小石川七福神・・・の巻7

2019年1月6日 無量山真珠院 =東京都文京区小石川3-7-4 無量山全忠寺真珠院 布袋尊 真珠院の本堂です。 この本堂の下を潜ると本堂裏に出ます。 基本的には墓所ですが 面白いものが在ります。宝舟の像。 鹿と竹林。 石仏群。 庭、松。 つづく にほんブログ村 にほんブログ村
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小石川七福神・・・の巻6

2019年1月6日 吉水山宗慶寺 =東京都文京区小石川4-15-17 吉水山宗慶寺 寿老人 宗慶寺の本堂です。 東京の寺らしく境内は狭い。 本堂はコンクリ-ト造りで堅牢です。 寿老人は本堂外に祀られておりました。 家康の側室「茶阿の局」(松平忠輝の母)の墓がある様です。 その墓所は見えませんでしたので 本堂の裏に大きな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小石川七福神・・・の巻5

2019年1月6日 極楽水(小石川パークタワー内)                       =東京都文京区小石川4-16 極楽水(小石川パークタワー内) 女弁天  この後 寿老人を祀る「吉水山宗慶寺」に行くのですが 極楽水は 昔は 「吉水山宗慶寺」の境内だったのです。 今は (小石川パークタワー)の敷地内にあるのです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小石川七福神・・・の巻4

2019年1月6日 妙本山徳雲寺 =東京都文京区小日向4-4-1 妙本山徳雲寺 男弁財天 徳雲寺の七福神は男弁財天だそうです。 「男弁財天」の意味が解りませぬ。 弁天様は、大概 女性です。 弁財天の頭上に置かれる宇賀神が、「老人/翁」というのがありま すが・・・・ 徳雲寺の門です。 本堂です。本堂は開いていませぬ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小石川七福神・・・の巻3

2019年1月6日 清水山松林院深光寺=東京都文京区小日向4-9-5 清水山松林院深光寺(じんこうじ) 恵比寿天 深光寺の鐘楼です。 深光寺の境内は、東京らしく?狭いのです。 墓所が本堂の前にあります。(ここ以外に墓所があるのかは不明) で、一番目立つところにある墓が、滝沢馬琴の墓です。 この奥には滝沢家の墓も在ります。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小石川七福神・・・の巻2

2019年1月6日 清水山松林院深光寺=東京都文京区小日向4-9-5 清水山松林院深光寺(じんこうじ) 恵比寿天 深光寺の本堂です。いやあ、驚きました。 ≪小石川七福神≫巡りをするのであろう人達がたくさんいたのです。 団体で巡っている人たちもいます。 そういう団体にはガイドも付いていて 色々説明をしてくれます。 私も混ざ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小石川七福神・・・の巻1

2019年1月6日 小石川七福神 いやあ 足立区の七福神を巡って良かったのですよ! 七福神は、ま 大したことはありませんが 本堂が開いている確率 が高いのに気が付いたのですよ。 ま、通常は 東京の寺の本堂が開いていることは ほとんどありま せん。 私が思っている以上に 世の中は物騒になっているのです。 のんきな私は、「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊興七福神・・・の巻10

2019年1月4日  無量山源正寺 =東京都足立区伊興2-2-35 無量山源正寺 源正寺の由緒は詳らかではない様です。 鎌倉時代に時宗として創建されました。が、今は真言宗です。 嘗て時宗であったせいか ご本尊は阿弥陀様です。 門です。 本堂です。 ≪伊興七福神≫の恵比寿様は、本堂入口に据えられております。 釣竿を持つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊興七福神・・・の巻9

2019年1月4日 阿遮山福寿院 =東京都足立区伊興2-18-18 阿遮山福寿院 寿老人・福禄寿 寿老人と福禄寿は本堂に祀られていました。 寿老人です。 福禄寿は2体。 残念ながら 御本尊厨子は閉じられております。 ネットで調べると ご本尊は不動明王だそうです。 つづく にほんブログ村 にほんブログ村 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊興七福神・・・の巻8

2019年1月4日 阿遮山福寿院 =東京都足立区伊興2-18-18 阿遮山福寿院 寿老人・福禄寿 ≪実相院≫の隣りです。 無住の時期もあり ≪実相院≫の住職 が兼務していたこともある様です。 という事で 由緒等は解らない様です。 でも 今は境内もきれいで 本堂も堅牢です。 門です。 大師堂です。 大師像は無く 弘法大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊興七福神・・・の巻7

2019年1月4日 寶光山横沼寺実相院=東京都足立区伊興4-15-11 寶光山横沼寺実相院 弁天・大黒天・毘沙門天 実相院には信徒会館が在ります。 なんと 私は、この信徒会館の写真を撮らなかったのです。 ≪伊興七福神≫の内の2神がここに祀られていたのに・・・・ ≪伊興七福神≫の大黒天と毘沙門天が祀られていたのですよ。 真…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊興七福神・・・の巻6

2019年1月4日 寶光山横沼寺実相院=東京都足立区伊興4-15-11 寶光山横沼寺実相院 弁天・大黒天・毘沙門天 実相院は、行基を開基とする古い寺です。 この地は 古くは湿地帯で「横沼」と言ったらしいです。 で、横沼寺。真言宗です。ご本尊は正観音菩薩です。 実相院は、≪伊興七福神≫の3神を祀るほどの由緒ある寺だと いう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊興七福神・・・の巻5

2019年1月4日 信楽山涅槃院正安寺=東京都足立区東伊興4-3-3 信楽山涅槃院正安寺 正安寺の本堂です。本堂は開きません。 浄土宗ですから ご本尊は阿弥陀如来・・・かなあ。 私は見なかったのですが 涅槃会館というのが在った様です。 「与楽堂」もありました。 上に在るのは、≪おきあがり観音≫だそうです。 琵琶を持つ観…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊興七福神・・・の巻4

2019年1月4日 信楽山涅槃院正安寺=東京都足立区東伊興4-3-3 信楽山涅槃院正安寺 別格  正安寺が、なぜ≪伊興七福神≫の別格かというと 正安寺以外の 4ヶ寺で 七福神が完結しているからです。 では、なぜ≪伊興七福神≫の別格かというと 正安寺には一揃え の七福神があるからです。 ネットでみても 「信楽山」の読み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊興七福神・・・の巻3

2019年1月4日 普賢山新幡随院法受寺                     =東京都足立区東伊興4-14-8 普賢山新幡随院法受寺 本堂です。 法受寺は浄土宗ですから ご本尊は阿弥陀如来です。立像です。 これが、とても良いお顔なのです。脇侍も含めて。 でも 文化財指定は受けていない様です。 境内に面白い石像があり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊興七福神・・・の巻2

2019年1月4日 普賢山新幡随院法受寺                     =東京都足立区東伊興4-14-8 普賢山新幡随院法受寺 さて、昨日の石碑の写真 気が付きました? 「牡丹灯篭」と書いてあったのですよ。 「牡丹灯篭」は、三遊亭圓朝作品、「落語の怪談噺」なのです。 ですから 碑が存在することが不思議なのですが …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more