テーマ:東京都

田島山十一ヶ寺に行く。・・・の巻17

2020年1月3日 練月山愛染院観音寺           =東京都練馬区春日町4-17-1 練月山愛染院観音寺 本堂です。 今日も開いてはおりませぬ。 多宝塔です。 大師堂です。 結局 仏像は見れませぬ。 1月3日といえども 東京で仏像を見るのは難しい と言う事です。 終わり にほんブログ村 にほんブロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田島山十一ヶ寺に行く。・・・の巻16

2020年1月3日 練月山愛染院観音寺           =東京都練馬区春日町4-17-1 練月山愛染院観音寺 愛染院に来たのは、2度目です。 2010年の1月1日の午前2時頃にきました。 「愛染院」ですから 御本尊は愛染明王像です。 で、この御本尊は秘仏なのです。 公開されるのは 元旦午前0時から新年法要が行わ れて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田島山十一ヶ寺に行く。・・・の巻15

2020年1月3日 大林山最勝院寿福寺             =東京都練馬区春日町3-2-22 大林山最勝院寿福寺 境内に小さなお堂が在りました。 何のお堂だろうか?覗いてみました。 地蔵菩薩です。それも形のいい・・・ で、写真を撮ってみました。 間近ですので よくは撮れませぬが、雰囲気は 感ぜられます。 寿福寺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田島山十一ヶ寺に行く。・・・の巻14

2020年1月3日 大林山最勝院寿福寺             =東京都練馬区春日町3-2-22 大林山最勝院寿福寺 寿福寺の門です。 本堂です。 本堂の戸が少し開いているのが解りますか? 正月だからか普段から開いているのかは不明。 ですが 内陣が拝めました。 ご本尊は、薬師如来坐像です。 本堂は、1893年(明治26…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田島山十一ヶ寺に行く。・・・の巻13

2020年1月3日 田嶋山称名院=東京都練馬区練馬4-26-21 田嶋山称名院http://www.syomyoin.com/ 称名院には 上の様なホ-ムペ-ジがございます。 門です。 本堂の扁額です。 田嶋山の文字が見えます。 本堂の写真は撮れませんでした。 「平和観音」と読めるので観音堂かな? と思ったのですが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田島山十一ヶ寺に行く。・・・の巻12

2020年1月3日 田嶋山仁寿院=東京都練馬区練馬4-25-9 田嶋山仁寿院 門です。 本堂です。 内陣は臨めず。 ご本尊は、阿弥陀如来坐像だそうです。 境内。 つづく にほんブログ村 にほんブログ村
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田島山十一ヶ寺に行く。・・・の巻11

2020年1月3日 田嶋山宗周院=東京都練馬区練馬4-26-17 田嶋山宗周院 「宗周」の名の由来は解らず。 人の名でしょうか? 門です。 本堂です。 内陣は臨めません。ご本尊は阿弥陀様だそうです。 境内にも 阿弥陀如来立像がありました。 つづく にほんブログ村 にほんブログ村
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田島山十一ヶ寺に行く。・・・の巻10

2020年1月3日 田嶋山迎接院=東京都練馬区練馬4-25-6 田嶋山迎接院(こうじょういん) 浄土系の仏教では、臨終に阿弥陀様がお迎えに来る のを来迎と言います。 で、来迎をお待ちすることを迎接(こうじょう)と 云います。ごうじょうとも読むようです。 ですから 迎接院の院号は浄土宗にぴったりです。 当然 御本尊は阿弥…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田島山十一ヶ寺に行く。・・・の巻9

2020年1月3日 田嶋山仮宿院=東京都練馬区練馬4-26-17 田嶋山仮宿院 門です。 本堂です。 なかなか本堂内陣は見せて貰えぬものです。 正月三が日なら 東京でも内陣が拝めるかと思った のですが 甘かったです。 とは言え 仮宿院境内には仏像がありました。 「厄除け不動尊」です。 もう一つ、「腹帯阿弥陀」だそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田島山十一ヶ寺に行く。・・・の巻8

2020年1月3日 田嶋山本性院=東京都練馬区練馬4-25-5 田嶋山本性院(ほんしょういん) 門です。 本堂入口。 可愛い仁王様のお出迎えです。 内陣は見えませぬ。 ご本尊は、阿弥陀様らしいです。 庭には地蔵堂が 「本性院」本性とは 人間が生まれながらに持ってい る仏性の事です。 つづく にほんブログ村 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田島山十一ヶ寺に行く。・・・の巻7

2020年1月3日 田嶋山受用院=東京都練馬区練馬4-26-19 田嶋山受用院 門です。 本堂です。 こちらも 堂内は見えませぬ。 本尊は、阿弥陀如来立像だそうです。 受用とはとても良い院号です。 仏の体は、三身あると考えられています。 法身と報身と応身の三つです。 応身は生身の体、法身は理論的な仏法を体現した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田島山十一ヶ寺に行く。・・・の巻6

2020年1月3日 田嶋山得生院             =東京都練馬区練馬4-25-3 田嶋山得生院 得生院の門です。 ここも本堂の写真がありませぬ。 もう 忘れてしまいましたが 撮れない理由が あったのでしょうなア。 境内です。 境内には 馬頭観音の石像があったのですよ。 本堂本尊は、阿弥陀様だとか。 つづく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田島山十一ヶ寺に行く。・・・の巻5

2020年1月3日 田嶋山林宗院=東京都練馬区練馬4-26-22 田嶋山林宗院(りんそういん) 門です。 境内です。 いやあ!困りました。 本堂の写真もありませぬ。 何か 写真を撮り難い事が在ったのだろうと思い ますが憶えておりませぬ。 お客さんが居ったのかも・・・ ご本尊は、阿弥陀三尊の坐像だそうです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田島山十一ヶ寺に行く。・・・の巻4

2020年1月3日 田嶋山九品院=東京都練馬区練馬4-25-1 田嶋山九品院 本堂はガラス窓で 内陣が見えます。 ご本尊は、阿弥陀如来立像。 境内は狭いのですが 地蔵堂が在ります。 「蕎麦喰地蔵尊」と言います。 元々は 小田原の地中から掘り出されたものだそ うです。 「九品院」がまだ浅草に在ったころ 浅草広小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田島山十一ヶ寺に行く。・・・の巻3

2020年1月3日 田嶋山九品院=東京都練馬区練馬4-25-1 田嶋山九品院 「田島山十一ヶ寺」の説明板です。 上の写真を拡大すると 右側に「田島山十一ヶ寺」 の地図が見えます。 通路から一番奥に墓地があり 墓地の入口に大仏 があります。 当然 阿弥陀仏の大仏です。 三が日ですから お墓参りの人も多いのです。 です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田島山十一ヶ寺に行く。・・・の巻2

2020年1月3日  田島山十一ヶ寺 さて 「田島山十一ヶ寺」とは何か? 東京都練馬区練馬4丁目に 十一の寺が在ります。 それが 全て「田島山」という山号を持ち並んで 建っているのです。 これらの寺は、浅草にあった「田島山誓願寺」と いう寺の塔頭だったのです。 「誓願寺」は、徳川家の帰依を受け、寺領400石の 御朱印…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田島山十一ヶ寺に行く。・・・の巻1

2020年1月3日  練馬区練馬 いよいよ 2020年に入りました。 こまりましたねえ! 新型コロナ騒ぎで 寺巡りができていませぬ。 なにせ 出かけられぬのですから・・・・ 寺巡りは、「不要不急」に分類されますもの。 今年は子年です。 観音霊場の多くは子年の開帳です。 千手観音も子年開帳が多いです。 が、今年は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小平市/海岸寺に行く。・・・の巻6

2019年12月19日  瑞雲山海岸寺             =東京都小平市御幸町318 瑞雲山海岸寺 本堂です。 本堂は開きませぬ。 ご本尊は聖観音菩薩だそうです。 坐像か立像かも解らず。 境内のお堂です。 このお堂の主も解らず。 境内には 「子育て地蔵」「みたま観世音」が居りました。 終わり にほんブログ村 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小平市/海岸寺に行く。・・・の巻5

2019年12月19日  瑞雲山海岸寺             =東京都小平市御幸町318 瑞雲山海岸寺 お堂は一切開きませぬ。 由緒書きがありました。 読んでもよく解らない。 創建年代等は不詳です。  江戸時代、ここは 南泉寺の抱地(かかえ地)で 「宝林庵」という庵室があったそうです。 住民からこの庵室を一寺にしたい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小平市/海岸寺に行く。・・・の巻4

2019年12月19日  野中山円成院           =東京都小平市花小金井1-6-29 野中山円成院 境内の石仏です。 真ん中が青面金剛で 両側が観音さまでしょうか? 子育て地蔵もございます。 実は 円成院の門の前に大きな車道が通ってます。 その車道を挟んで向かいに 地蔵の石像があるのです。 お顔も・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小平市/海岸寺に行く。・・・の巻3

2019年12月19日  野中山円成院           =東京都小平市花小金井1-6-29 野中山円成院 本堂ご本尊は、釈迦如来坐像です。 本堂の中には閻魔様なども見えます。 鐘楼です。 屋根の反り具合も独特です。 鐘楼の梵鐘です。 実は もう一つの鐘を見つけたのですが 謂れ は不明です。 つづく にほんブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小平市/海岸寺に行く。・・・の巻2

2019年12月19日  野中山円成院           =東京都小平市花小金井1-6-29 野中山円成院 円成院は、一度ここでも紹介しています。 https://76348277.at.webry.info/201811/article_15.html 同じようなことを書くかなア? 本来ならば飛ばすところですが 2020…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年12月19日小平市/海岸寺に行く。・・・の巻1

2019年12月19日 小平市 なんとなく 小平市辺りは寺巡りしてないなあ。 と思い 行ってみたのです。 「小平市/寺」で検索したら出てきたのが 「野中山円成院」でした。 で、着いたのです。「円成院」に・・・ で、思ったのです。「来たことがある。」 2018年6月25日に来ていました。 それどころか 2018年1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上野国立博物館に行く。・・・の巻1

2019年11月1日 上野国立博物館            =東京都台東区上野公園13-9 上野国立博物館本館 特別4室・特別5室 住友財団修復助成30年記念 特別企画「文化財よ、永遠に」 2019年10月1日(火) ~ 2019年12月1日(日) 住友財団が文化財修復に助成金を出し始めて30年に …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

品川歴史館に行く。・・・の巻9

2019年10月31日 光照山真了寺=東京都品川区南品川2-7-25 光照山真了寺 天妙国寺の向かいにあったのです。 当然 寄ります。門です。 本堂です。 本堂二階部分にはこんな仏像も。 一風変わった寺です。 1673年(延宝元年)天妙国寺の塔頭寺院として創建され ました。 と言う事で 日蓮宗です。 終わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

品川歴史館に行く。・・・の巻8

2019年10月31日 鳳凰山天妙国寺=東京都品川区南品川2-8-23 鳳凰山天妙国寺 天妙国寺は、日蓮宗です。 1285年(弘安8年)日蓮の弟子/天目によって創建され ました。 本堂です。 ご覧の様に開いておりました。 品川で本堂を開けておくのはえらい! 本堂向拝の彫り物も良かったですよ。 文化財の説明板が出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

品川歴史館に行く。・・・の巻7

2019年10月31日 鳳凰山天妙国寺=東京都品川区南品川2-8-23 鳳凰山天妙国寺 天妙国寺入口です。 当然ですが「中世寺院と品川-妙国寺の歴史と寺宝-」 のポスタ-が置かれています。 門です。 鐘楼です。 つづく にほんブログ村 にほんブログ村
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

品川歴史館に行く。・・・の巻6

2019年10月31日 三宝山神護院大福生寺-大井聖天-              =東京都品川区東大井3-21-25 三宝山神護院大福生寺-大井聖天- いやあ、間が悪いと申しますか・・・ 11月1日が「秋の大祭」です。 きょう、10月31日は その準備で忙しそうでした。 立ち働く人たちがいて 邪魔せぬようにすぐに出て …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

品川歴史館に行く。・・・の巻5

2019年10月31日松栄山西光寺=東京都品川区大井4-22-16 松栄山西光寺http://saikohji.jp/ 門です。 本堂です。 向拝に結界が張られ 本堂の中は見えませぬ。 西光寺は浄土真宗で 上の様なホ-ムペ-ジもあります。 由緒などはそちらで・・・ 地方では 浄土真宗の寺は ほとんど本堂に上がり …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

品川歴史館に行く。・・・の巻4

2019年10月31日大井山光福寺= 東京都品川区大井6-9-17 大井山光福寺 こんなものを見つけました。 光福寺は浄土真宗です。 関東において 浄土真宗では「二十四輩」や「関東六 老僧」と言った高弟が育ち 各地で寺院を開いていき ました。 光福寺は、782年(延暦元年)に天台宗寺院として開創 されますが 1200…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more