足立十二薬師霊場/ご開帳1日目・・・5

2022日4月8日 足立十二薬師霊場1番
三宝薬師堂/大智山覚母院文殊寺隣
   =さいたま市緑区三室1956 
「何故 寅薬師なのか」です。
なんと 家康です。
家康の父広忠公が、鳳来寺の薬師如来に
祈願すると 「寅年、寅の日、寅の刻」に
家康が生まれた。
話はそれで終わらず、鳳来寺の十二神将像
のうち、寅童子像のみ忽然と消え、家康が亡
くなった年に元あった場所に戻っていた。
というのです。
それ以来 寅薬師とよばれ 寅年のご開帳
に発展していくわけです。
鳳来寺には 1651年(慶安4年)東照宮まで
建てられているのだそうです。
寅薬師の起源が分からなかったのですが
家康説もありそうです。
因みに 三宝薬師堂の十二神将像の6体です。
DSCN9478.JPG
つづく

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ
にほんブログ村

にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント